リフォームローンの審査基準



楽天銀行


りそな銀行


新生銀行




リフォームローンの種類

リフォームローンと一口にいっても、大きく分けて、
銀行系リフォームローン
銀行以外の金融機関のリフォームローン
カードローンを利用したリフォームローン
とあります。それぞれメリット・デメリットがあるので、特徴を見てみましょう。

ちなみに、リフォームだといっても700万円を超えるような改築は
もはや立て替えの場合もあるので、そういった大規模な改築のローンが
必要な場合は、新生銀行 住宅ローン 審査なども研究して、
住宅ローンも視野に入れましょう。



“ 老後のために ” 自宅を担保に必要なお金を確保しませんか?

老後を快適にゆとりある生活を送る資金が・・・
低金利の住宅ローンに借換たい・・・
バリアフリー化へリフォームをしたい・・・   など、

セカンドライフのための資金についてお悩みの方もいるのではないでしょうか。
定年を迎えるとローンの審査に通らず持ち家を売却し、
資金繰りを考える方も多いのでは・・・。

でも、自宅は確保したままで融資を受けることが可能なのです!

東京スター銀行の「充実人生」新型リバースモーゲージなら
持ち家を担保に一生涯融資を受けることが可能です。

⇒ 東京スター銀行の「充実人生」詳細はこちら


銀行系リフォームローン

銀行が取り扱っているだけあってある程度大きな額最大で1000万円程度)の
借り入れも可能で、また借入額が大きくなる分、
借入期間も15年くらいとゆとりを持った設定になっています。
ただその分、リフォームローンの審査基準は非常に厳しいのが現状です。

上場企業にお勤めで、給与振込口座の銀行、などなら審査も通過する
可能性が高いですが、自営業、転職直後、契約社員、派遣社員といった
方々には、ハードルが高いといえます。

またお持ちの住宅への抵当権の設定も必要、
またその費用、金融機関の保証料など、見た目の金利は低いものの、
気がつくと結構費用がかさばることも多いので、
じっくり吟味する必要があります。



銀行以外でのリフォームローン

一般的にクレジット会社などが多いですが、
銀行系に比べると、最大借入額が300万円程度だったり、
それに応じて借入期間が10年程度に短くなったりします。

ただ相当大掛かりなリフォームでなければそれほどの金額は必要ありません。
それに応じて借入期間が太陽光発電や、耐震設計、免震工事などなら
このくらいの金額で足りることも多いです。

メリットとしては、
銀行系より審査基準がおだやま
ご自宅への抵当権、担保不要!これは大きいです!
案外低金利
などがあります。
このジャンルでは、損保ジャパン・クレジットのリフォームローンがオススメです。

審査基準は、
・自宅への抵当権不要
・担保不要
・保証料不要
最大借入額300万円、返済期間最大10年
超低金利 3.6% から
・エコなリフォームはecoプランというものがあり、金利が 0.3% も優遇!
・融資までが速い! 最短3営業日後にリフォームローン融資可能!

上限額が300万円と言うことで、リフォームローンとしてはちょっと
厳しい部分もあります。

ただ、上には上があるもので、この損保ジャパンより、さらに
借入額も大きく、原則 無担保、無保証、最短即日融資のローンも あります!



カードローンでリフォームローン

通常、リフォームローンというと銀行などの金融機関を思い浮かべる方も多いですが、実はあまり知られていませんが、カードローンが密かにオススメなのです!

カードローンとは銀行やキャッシング会社などが行っているフリーローン(用途自由)なのですが、貸金業法改正により各金融機関で競争が激化し、現在 、

超低金利(最低3.5%〜5.1%位から)
 ちなみにみずほ銀行の10年固定リフォームローン金利5.550%(2011年6月)
 ですから、いかに金利が下がっているか分かると思います
・借入額も高額が可能(最大500万円〜800万円くらいまで)
・審査も非常におだやか(定期収入があればOK。主婦、派遣社員などもOK
・融資実行も非常に早い(最短で当日融資のものも)

と、いいことづくめです。




■■■ 特選情報 ■■■


 住宅ローン審査 新規申込
住宅ローン審査 新規申込 住宅ローン審査 借り換え申込
住宅ローン審査 借り換え申込



このページのトップへ戻る